・はじめに

私は、2月のうち3週間池島鉱業所病院勤務となりこの島の土を踏んだ。

池島は長崎県の近海に浮かぶ周囲4キロの小島である。このちっぽけな島に、 減少

したとはいえ約6000人が暮らしている。なぜかというとこの島は日本有数の良 質な石

炭を産出するからである。露天掘りさえある海外炭に対して、地下の奥深くか ら掘る

日本の石炭はコストの面でとても太刀打ちできない(池島でも採炭は島から何 キロも

離れた海底で行なわれており、地表から1時間以上降りて行かねばならない) 。かく

て日本の炭鉱は次々と閉山し、その数は両手の指にも足りない。池島は日本の 炭鉱の

中でも赤字が少ない部類で、おそらく最後まで残るであろうと言われる。しか し、い

つ閉山話が具体化してもおかしくない状態とも考えられる。

・池島への道

長崎市から車で1時間、「長崎オランダ村」から山を越えた反対側に池島行き の船

が出る港がある。西日本沿岸商船のフェリーボートに乗って40分ほどで島につ く。こ

のフェリー、乗用車8台程度しか積めない小さなもので、シケの日に港に近づ いてく

る様子は子犬が跳ねているようである。しかしこの小さな船も、土曜日夕方の 最終便

は軽自動車を含めて18台くらいは詰め込んでしまう。車同士の間隔は前後左 右すべ

て5cm、車から降りることもできない。もうひとつ、江崎海陸運送の船が車を 運ぶ。

こちらは運賃がやや安いが、「運送」の名のとおり旅客には保険が掛かってい ない。

海賊船と呼ぶ島の人もいる。こちらは港の「はしけ」という感じで、海が荒れ ると飛

沫がまともにふりかかる。

船がつくと島でただ1台の中型バスが待っている。いったいこのバスがあの船 で運

べたのだろうか。バスは乗降時間も入れて10分もあれば社宅街のはずれの終 点に着

く。歩いても15分程度である。

・池島の風景

島と言っても海に浮かぶ工場といった感じのする風景である。かつて「軍艦島 」

と呼ばれた同じ炭鉱の島である端島(15年昔に閉山)程ではないが。島の平地 の2/5

が貯炭場や鉱業所の施設、2/5がアパート群、残りが他の民家という構成で、 まと

まった草木は公園と丘の斜面に生えている程度。

主要な道路以外はコンクリート舗装で幅1.8mに過ぎない。従って交差点を路肩 に

脱輪しないで曲がるのは熟練を要し、2台の車がまともにすれちがうこともで きな

い。しかし島を出ると交通の便が悪いので島内の車の数は多い。血の気の多い 若者

の保有率も高いらしく、週末にはアルミホイールに幅広タイヤをつけたフルホ ワイ

トのクレスタやレパードといった車が1周2.7kmの周回道路をフルスピードで港 へ向

かう姿をよく見かける。

アパートは昭和30〜40年代のもので60棟ほど建っている。4,5階建てがほとん どだ

が8階建ての高層タイプもある。夜遅くこれらアパートの谷間を歩くと変な雰 囲気

を味わえる。吹きわたる風の音と24時間動き続ける鉱業所のモーターのウー ンと

いう低い音が遠くから響いてくる以外、音というものがない。周りにはアパー トの

階段の踊り場にともる、古めかしい白熱灯のくすんだ光が点々とついている。 この

雰囲気をどう伝えればよいのか。何人かにたずねたが、「昔あったアニメの『 未来

少年コナン』に出てきそうな街」というのが辛うじてふさわしい。

・池島の水、蒸気、風呂

池島は海のまん中の小島で、島いっぱいに建物が立っているので貯水池などあ り

はしない。そこで水はどうするのかというと、海水を蒸留して真水に変えるプ ラン

トがある。当然できたての真水は温度が高い。そしてみんなが水を使う朝夕に は冷

却が不十分なまま配水される。だから池島の水は何か味気なく、冬でもなまぬ るい。

蒸留の中途でできる蒸気が、暖房や湯沸しなどのエネルギー源として島中には り

めぐらしてある。島のあちこちの側溝から湯気が立ちのぼって、さながら温泉 町の

風情である。島の人々の多くは共同浴場を利用しているが、管理職以上は風呂 付き

の社宅に住めるらしい。私の社宅にも風呂があった。



壁から水道管程度の太さのパイプが浴槽の中にのびている。ここから蒸気が出 る

のである。初めて使う日、浴槽に水を張ってバルブを少しひねると、地響きの よう

な振動が手に伝わってくる。びっくりしてバルブを閉めた。なんという風呂だ 。気

を取り直して、エイッとバルブを回すと、火山の噴火口から蒸気が吹き出して いる

ようなゴーッというすさまじい音とともに水中に蒸気が出てくる。思わず浴室 から

逃げだしてしまった。蒸気といっても水中に出る時は熱水となっているので泡 など

は出ない。水から熱めのお湯になるのにわずか5分。壁ぎわのパイプに水滴を 落と

してみると、「シュッ」という音をたてて一瞬に蒸発してしまう。かなりの高 温だ。

蒸気だとはわかっていても、餅でも焼けそうな気がする。湯につかっていると きに考

えた。いまパイプが破れて蒸気が吹き出そうものなら顔面おおやけどであろう 、と。

・池島のくらし

島でのはじめての夜、けたたましいサイレンの音で目を覚ました。時計を見る と午

前4時。なんと時報である。朝4〜7時と12時、21時などにこのサイレン は鳴る。

炭坑は1番方(いちばんかた)から3番方の3交替となっており、サイレンは このリ

ズムに合っているらしい。体というのはうまくできたもので、島に慣れてくる とこの

サイレンでは目を覚まさなくなる。

池島には大きな店としては、スーパーマーケットが1つと、食料品市場が1つ ある

きりである。しかしこのスーパーがすごい。1フロアで大した面積もないのに 、坑内

で使うスコップやヘルメットから食料品、日用品、衣料品、書籍、電化製品、 レコー

ド、果てはレーザーディスクのソフトまで売っている。またビデオレンタルも ある。

各々の店頭在庫は少ないが、種類は豊富でまず生活に不自由はない。

島には娯楽が少ないと思われがちだが、ボーリング場(5レーン)、ゴルフの 打ちっ

ぱなし、卓球場などはあり、ビリヤードもできるらしい。そのほか、エアロビ クス教

室など、こんな島のどこにあるのかという感じである。飲み屋やスナックの類 は多い

が、不思議と喫茶店は1つも見かけない。

島の真ん中には小学校と中学校があり、広いグラウンドと2つの体育館をもち 、放

課後はいつも多くの子供たちが遊んでいる。島には寄り道すべき商店街やゲー ムセン

ターなどがないので、放課後は島のあちこちで子供の遊ぶ姿がみられる。こん な事情

のためか、島の子供はみな素朴でかわいい。

島の女性は結婚・出産の年齢が低く、子供の数も多い。3人や4人兄弟の世帯 がよ

くみられる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(一見高校生風の女性が病院を訪れた。)

患者:腕のできものが化膿したんですけど。

医者:いつからそんなに化膿するようになったんです?

患者:子供を生んでからです。

(医者は心の中で「えっ」と叫び、平静を装いつつカルテを見直す。)

(「十九才、〇〇の妻だと?」)

医者:お子さんはいくつですか。

患者:1才3カ月です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

22才というと売れ残りの部類。26才程度ではもう島内結婚の望みは少なく 、島を

出る人が多いようである。

3週間の池島生活の間に、1度だけ長崎の大学病院に顔を出す機会があった。 普段

と違う私の平和で明るい表情に、皆は一様に驚いていた。池島は、時の進むス ピード

が他とは異なるのではないかと思うほど平穏な、しかし一種異様な島である。

以上

Home